出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

本を出したい人は要注意!書籍作成の前にしっかり理解しておきたい、商業出版のワナ

甘い言葉に注意!出版詐欺もまだまだ健在!

皆様のなかに、過去に出版社から営業があった方はいらっしゃいませんか?
医師や士業の方などには営業があった方がいるかもしれません。
「弊社から出版しませんか?」という感じで。
※念のためですが
「あなたの作品(詩集、写真集など)が●●賞に選ばれました!」
「○○万円支払うことで出版できます」
みたいな詐欺まがいの電話ではなく。この手法もまだあるようですが・・・。

問題ない場合の商業出版とは・・・

一応ですが、「世に出すべき!」と編集者が熱い思いを持っていたり、
会社やサービスがメディア取り上げられ、
著者にも出版社にも利益になるとみて出版社が話を持ち込んできたりした場合などは、
話を聞いてみても良いと思います。
実際、それで出版された経営者の方もたくさんいます。
それが大当たりし、重版、ドラマ化・・・なんてことも、ありえなくはないです。一応ですが。
どんな本が売れているかはメディア関係者はチェックしていますので、
その流行をテレビが追いかける際に本が詳細されたり著者がインタビューされたりも、
ないわけではありません。
また、事件事故の際に本を出している人=専門家、ということでインタビューされることもありますね。
過去には、住宅問題、プロスポーツ問題、年金といったキーワードでしょうか。

気を付けたい商業出版とは・・・

ここでお伝えしたいのは、“そうではない場合”の商業出版の営業です。
上記の商業出版はある程度メディア露出があった本だと思います。
新聞や電車内に広告が掲載されたり、雑誌で取り上げられたり。
著者もそれなりに有名な人(大学教授、学者、専門家、上場企業社長などなど)であることが多いです。

「本を出す」=“著者”になる、はいわゆるステータスになります。
※正直に言いますが、弊社が出版をオススメする理由の一つもこれです。
出版歴はプロフィールにも書けますしね。(私も書いています)

しかし、その「著者になる」を餌に高額な契約で出版させようとする、
あまり褒められたものではないやり方が存在することを
知っておいていただきたいと思います。

「売れれば印税が入りますよ!」
「本屋にご自身の本が並びますよ!」
「名前が売れることでメディアから声がかかります!」
そんなトークにはまってしまわないように、ぜひ気を付けていただきたいと思います。

じゃあ、そのトークの何が悪いの?
そのトークって嘘なの?

ズバリ、嘘ではありません!
え? と思ったあなた。
はい。嘘じゃないです。
嘘だったら詐欺になっちゃいますからね。

NO IMAGE