出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

すぐに出版できる人とできない人の違いー出版の手順と要素ー

さて、突然ですが、あなたは今すぐ本を出せと言われたら出せますか?
もしくは書き始めることができますか?

ほとんどの方は無理だと思います。私もちょっと考えます。
専門的な仕事をされている方であれば、「出せる!」という方がいるかもしれません。

すぐに出せる人と出せない人の差はどこにある?

すぐに出せる人と出せない人の「差」
その答えは簡単です。

その人が「出せる」「書ける」と言えば出せるし、「無理」と言えば出せません。

まあ、そういうと話は終わってしまいますが、みなさん出せるはずなんです。
この記事を読んでいる方の多くは経営者ですが、
経営者なら誰にでも本にできるくらいの経験や想い、志があるはずですから!

そうは言っても、気持ちはあるけどどうすればいいのか?
気持ちのほかに、本に必要な要素って何でしょう?

答えは簡単。「ボリューム」です。
一冊の本にするには、
相応のボリューム(文字数)が必要です。
内容は手を入れながらレベルを上げていくことはできますが、
ボリュームは、ご自身で書かれる場合、私ではどうにもなりません。
言い回しなどを色々と調整したところで、文字数を劇的に増やすことは不可能です。

出版に適したボリューム(文字量)はどれくらいか?

じゃあ、そのボリュームってどれくらい?
一概には言えませんが、一般的な書籍であれば50,000文字前後くらいはほしいです。
一方で流行りの、当メディアでもオススメしている
amazon Kindleでの出版であれば、1万~1万5,000字程度でも問題ありません。
(Kindle本が多すぎると最後まで読んでもらえない傾向にあります)

文章量を足すにはどうしたらよい?

紙での出版、Kindle出版のいずれにしても、ある程度の文字数は必要になります。
では、それだけの文字を書くにはどうしたら良いか?

文章を書くのが得意、という人は良いでしょう。
頑張ればきっとすぐに出版できます。
しかし、書き慣れていない人が出版に向けていきなり何万字も書くのは簡単ではありません。
ではどうすれば?
一番良いのは、普段から書き留めておくことでしょう。
日ごろから書き留めておけば、執筆にかける負担はかなり軽くなります。

ただ、実は、書き慣れていなくても、
すぐに出版できるボリュームをすでに持っている方はいます。

すぐに出版できる人はどんな人たちか?

ここでいう「すぐに出版できる人たち」は有名人や著名人のことではありません。
ごく一般的な経営者、士業・コンサルタントの方たちのことです。

その方たちで、例えば、
・ブログを書いている
・各SNSで定期的に発信している
・セミナー、講演などを行っている
・メルマガを発行している
・ニュースレターを発行している
など、
つまり、自身のリソースを活用すれば、
十分に出版できるだけのボリュームを満たすことは可能です。

実際、以前書籍制作のお手伝いをした経営者は、
数年間書き続けていたブログをベースに加筆して出版しました。
(タイトル、内容を拝見し、弊社で加筆個所のアドバイスをしました)

言い換えれば、普段から自身や自社サービスについて発信・発行している方は、
それらの内容をまとめることでボリュームを十分に満たすことができ、
さらにいうと、いつでも出版可能な状態にあるということです。

NO IMAGE