出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

ニュースレターを出すべき人たち

今回はニュースレターを出すべき人たちについてお話します。

「ニュースレター」を出すことが向いていると思われるのは、全員です!
というと、話は終わってしまうので(笑)、
特に向いているのは、BtoBにドメインを置いている方たちです。

なかでも、なかでも効果的だと思われる人は、
具体的には、コンサルタントや「士業」といった専門業の方が向いているといえるでしょう。
つまり、その方もしくは会社が技術を持っているのであれば、
ニュースレターはぜひオススメしたいツールだと考えています。

さらに、
・全国に顧客があるけれど普段顔を合わせる機会がない
・セミナーなど会員向けイベントなどを定期的に開催している
・顧客との関係を深めたい
というのであれば、ニュースレターはより効果的です。

弊社が手がけているニュースレターは主に「BtoB向け」です。
ニュースレター制作事業をスタートさせたきっかけとなるお客様が
BtoB事業をされていたことが大きな要因なのですが、
ニュースレター制作を続けていて、はBtoCよりも、BtoBのほうが向いていると感じています。

なぜなら、BtoBのほうが手に取ってもらいやすいからです。
送り先は基本的に、取引先や名刺交換をした相手(見込み客)になりますので、
手元に確実に届けることができます。
郵送がメインになりますが、営業先の担当者に手渡しすることも可能です。

また、BtoBの方が、BtoCより向いていると思う理由は、“読んでもらいやすいさ”です。
単なるチラシや、セール情報がメインのDMは少し目を通して捨てられてしまう可能性がありますが、
ニュースレターは文字量が多く、業界情報等も掲載できるため、
チラシやDMよりも時間をかけて読んでもらえる可能性が高いのです。

ですので、BtoBであるニュースレターは“読み物”として、
ある程度のボリュームがあるほうが手に取った方の満足感が得られ、
また、業界の情報などがしっかり書かれていることが喜ばれる要因となります。

そして、それらを続けていることが信頼につながります。

NO IMAGE