出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

参考になる文章

みなさん、文章を書く際、何か参考にしているものはありますか?

私はライター業を15年以上やっていますが、よく聞かれることに
「本が好きなんですか?」
「小説とか読まれるんですか?」
というのがあります。

ですが、私は、小説はあまり読みません。
そして、本は嫌いではないですが、「好き」と言うほどではないですし、
ライターとしては読まない方だと思います(笑)。

では私は何を参考にしているか?
それは、新聞です。

特に参考になるのが、社会欄や家庭・文化欄などです。

これらがなぜ参考になるかと言うと、
「いつどこで何が起きた」かが、
とてもコンパクトに書かれているからです。

伝えたいことが無駄なくまとまっているので、私は昔から参考にしています。

一方で、コラムや批評、スポーツ欄の解説などは、あまり参考にしていません。

なぜか?
それは、小説は作家の“癖”があるからです。
文章は基本的に、書いた人の性格や癖が出るものなのですが、小説はそれが顕著です。

ですので、小説の文体を参考にしてしまうと、
作家の癖をそのままマネてしまうことになりかねません。

こだわった描写や言い回し、句読点の置き方など、作家それぞれに特徴があります。
それは作家だと「特徴的」「独特の味」となりますが、
一般の人たちがそれを取り入れると、
「なんか癖のある文章」「わかりにくい」となり、
ほかの人の目に触れる文章としては、読めたものじゃなくなる危険性があります。
メールをはじめとしてビジネス文書の場合は特に気を付けなくてはいけません。
ビジネス文書で求められるのは、「面白い」よりも「分かりやすい」文章です。

ですので、「文章を書く」という点においては、小説などは参考にしないのがオススメです。

NO IMAGE
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。