出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

出版にはいったい何円かかるのか?(Kindle編)

出版においてわからないことってたくさんありますよね。

・金額(いくらかかるのか)
・期間(完成までの日数)
・どんな本ができるのか(サイズ、紙質など)
・用意するもの(企画や原稿)
・お願いできること(原稿やデザイン、編集)
などなど。

わからないことばかりだと思います。

ということで、「本を作るのに、いったい何円かかるのか?」

いくらかかる=
「出版にあたり、自分が支払うお金のこと」として、
答えは、0円~数百万円、となります。

0円の例は、私が出版したKindle出版の場合です。

私は自分で原稿を書き、表紙も簡単ですが
テンプレートから作成したので、外注費としては0円です。
(原稿をプリントしてチェックするための印刷費や、ネット検索の通信費などは除きます)

ですので、頑張れば、0円で出版することは不可能ではありません。

今は電子書籍で出版できますから、
原稿作成も表紙デザインも編集も、すべて自分一人で行えば、
誰にも一円も支払うことなく、出費0円で出版することは可能です。

ただ、そうはいってもすべて一人でできる、という人はそう多くありません。

文章は何とか書けても、内容の良し悪しや、全体構成がより良いものになっているか、
書き終えても、誤字脱字、“てにをは”のチェックや編集作業は簡単ではありません。
表紙のデザインも、テンプレートを使えば良いですが、自分でデザインするのは大変です。
(ですので、上記のような作業を行うことで弊社はお金をいただいているのですが)

また、Kindle以外の電子出版の場合は、
もう少し中身のデザインもちゃんとした方が良いと思いますので、
実際はデザインを依頼することになると思います。

そう考えると、Kindleや他の電子出版でかかるお金で考えると、
ざっと、安いところだと5万円前後、
本格的にデザインを入れるのであれば、30万円前後、というのが相場になります。

Kindle出版ほか各コースのご紹介はこちら
出版サポートコースのご案内

NO IMAGE