出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

本が販売・流通したら売れる?

大手出版社が手掛ける自費出版サービスの大きな売りの一つである、
「自身の本が販売・流通しますよ」ですが、
本当に売れるのでしょうか?

もちろん、自身の本が販売されるのはスゴイことですし、
本屋に並ぶのは嬉しいことです。
それは間違いないでしょう。

でも、本当に売りたいのか?売れるのか?
とても怪しい、と私は思います。
売れるかどうかわからないのに、たくさん刷って、広告出して、
というところにお金をかけるのは、よろしくないと、私は思います。

でも、気持ちはわかりますよ。
大手出版社のHPに「今月の新刊」とか言って、
自分の本が紹介されていたら自慢したくなるじゃないですか。
思わず写メ撮ったりしますよね。
私もamazonで自身の本が掲載されたとき、急いで画面キャプチャしましたから。
ランキング1位になったときは言うまでもありません(笑)。

ただ、私は全部自分で制作したので費用負担はなかったですし、広告費もかけませんでした。
(私の場合、売ることは大きな目的ではありませんでしたが)

ポイントは、「自身の本が販売・流通しますよ」
の声に惑わされないように、ということです。
売れないとは言えませんが、売れるとも言えません。
むしろ、売れないです。

よく考える必要があります。
まず、売れる売れない、の前に本屋に並ぶといっても、
すべての本屋に並ぶわけではない、ということを考えてみましょう。
現在、国内にある本屋の数は約12,000店。
そのうち、街の小さな書店や、たまに駅前などで見かける、
グラビア写真集やアダルト本ばかりが揃っているような怪しげな本屋を除けば、
実質、配本候補として10,000店くらいでしょうか。

では、みなさん出版したとして、何部刷りますか?
10,000冊も刷ることはあり得ませんし、
刷ったとして、全国10,000店に一冊ずつしか配本されませんし、
そもそも全書店一冊ずつというふうに配本されるわけはありません。

刷ったとしてせいぜい300~500冊として、(個人ではそれでも多いと思いますが)
そうだとしても、出版社が提携している本屋に3冊、5冊くらい(数10店に)
配本されるのがオチです。(配本されない分は在庫となります)

で、配本されたとします。
平積みされる可能性はゼロではありません。
なぜかというと、出版社が持っている本屋のスペースがあるからです。
例えるなら、家電量販店における、電機メーカーの売り場スペースですね。
(規模は、本屋との提携具合によります)

でもそのスペースをキープできるのは、ものすごく良い方だということを
知っておかなくてはいけません。

NO IMAGE