出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

専門用語は無理解語

文章に関して、「専門用語」の扱いについてお伝えします。

ビジネスシーンでは特に要注意ですよ。
士業・コンサルタントの方は専門領域があると思いますので注意してください。

さて、個人的には専門用語は、“悪”です。

ちょっと言い過ぎましたが、基本的に使うことは良しとしていません。

なぜなら、
専門用語は、理解できる人には良いですが、それ以外の人には全く優しくないからです。

よく、専門用語を多用する人がいますが、
その人って、相手の人が理解できると思って話しているんでしょうか?

社内ミーティングや学会などでは良いですが、そうでない場合、使わない方が良いです。
文章においてはもちろんです。
専門用語は、基本的に人にやさしくないです。
だって、相手の理解度に合わせてないですから。

例えばみなさん、政治家などの所信表明演説の内容って理解できていますか?
あれって、小難しい言葉が多いし、聞いたこともない四字熟語が
出てくることが珍しくないですよね。

士業・コンサルタントの方は特に気を付けた方が良いかもしれません!

人は、初めて聞く言葉や耳慣れない言葉を理解することに頭を一生懸命使うので、
他にいくら良いことを言っていても、その記憶は薄まります。

同様に、ビジネス(マーケティング)用語なども使う際は注意が必要です!

相手に伝えたいのであれば、専門用語や、耳慣れない言葉を使うことは避けましょう。

NO IMAGE