出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

本の中身の作り方

本の中身と言えば、内容です。
内容がスカスカの本はマズいですね。
途中で読まれなくなります。
ですから、中身はちゃんとしたものでないといけません。

といっても難しく考える必要はないです。
読みごたえがある、面白い、引き込まれる、などの要素が求められるわけではありません。

もちろんそれらも大切ですが、この記事をご覧の皆さんは、
多くは中小企業の経営者や、士業・コンサルタントなど個人事業主だと思いますので、
作家先生ではないと思います。
(一部、そのような方もいらっしゃるかもしれません)

ですから、「文才が必要」ということではないです。

じゃあ、中身とは何ぞや?
それは、「読みたい内容が書かれているか」です。
自分史でも、読み手が知りたいことなのか。
ノウハウ系であれば、事例や技術解説がわかりやすく書かれているか。

それらが大事です。
逆にそれらがちゃんと書かれていれば、どのカテゴリーでも良いんです。

また、中身を考えていて勘違いしがちなのが、
「こんなんじゃ売れないでしょ」と思ってしまうことです。

今後も繰り返しお伝えしていきますが、勘違いしてほしくないのは、
「売れる」本を作るわけではないということ。
少なくとも当社が提供しているのは「売れる」「儲かる」本づくりではありません。

ではなにか?
自身や自社を「知ってもらう」本だったり、
読んだ人に「ためになった」と、思ったりしてもらうような本です。

そして、著者(企業)のブランディング戦略、強力な販促ツールとして使用できることです。

ですので、面白いとか、興味を引くとか、タイトルや表紙、ポップに魅かれた、とか
ではないんですね。
“売る”、“売れる”が最優先ではありません。

もちろんそれが結果的に売れて儲けがでる可能性もゼロではありませんが、
基本的に流通はお勧めしていませんし、大量に刷ることや値付けも勧めていません。

ということで、本の中身は売れるかどうか、
よりもその人のことが丁寧に書かれていたり、その人の思いに触れるような内容だったり、
または役に立つ、参考になる、といったことが大事です。

だから、売れそうかどうかや、カテゴリーはほとんど関係ありません。

NO IMAGE