出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

意外!?今につながる幼少期のエピソードが人を感動させる!

みなさんは子供時代、何に興味がありましたか?
ふとしたことが、今につながっていることはありませんか?
実は子供のころの体験が今の仕事につながっている、
そんな方はいませんか?

幼少期の出来事が今をつくっていることも!

私的な話をすると
子供時代のことが、障害者や児童養護施設出身をはじめとする、
今の就労弱者への関心につながっています。

小学校入学後に出会った知的障害の同級生、
同じクラスの、心臓に持病があった女の子、
中学生時代に訪れた児童養護施設、
中学生時代、社会科の先生が言っていた言葉、

私は子供時代から振り返ってみて、上記のようなことが今につながり、
自分をつくっているんだと実感できました。

みなさんも、思い出してみると、きっとエピソードがたくさんあると思います。

自分ではそんなに意識していなかったような出来事でも、
ふと思い返してみると、実は関係があったかもしれない、
と思うようなことがあるはずです。

エピソードに触れることでその人を知る

そして、そういうエピソードを聞くことで、
周囲の人やお客さんは、あなたという人に触れることができるのです。
人に触れると、距離が縮まり、関係性が深まります。

書籍づくりの効果の一つはこのようなことにあります。
著者に触れることで、その人がどのような経験をしてきた人なのか、
どのような思いで会社を立ち上げたのか、
どのような経営姿勢を持っているのか、
得意な領域はなんなのか、
そういったことに触れることで、信頼度がグッとアップします。

ビジネス面のメリットはもちろん大切ですが、
まずは、幼少期を振り返り、今にどうつながっているかを見てみましょう。
思い出すと自分事ながら、感慨深いものがありますし楽しいですよ!
ぜひやってみてください!

NO IMAGE