出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです

出版不況と自費出版の関係

当社は中小企業経営者や士業・コンサルタントの方など向けに自費出版のサポートをしていますが、
「今って出版業界厳しいでしょ?」
と聞かれることがあります。

出版業界が縮小しているのは事実です。
細かい数字は長くなるので割愛しますが、
市場でいうと約20年前から1兆円ほど減り、今は1兆3000億円ほど。
町の本屋もどんどん閉店・廃業しており、現在で1万2000店ほどが営業していますが、
これは約20年前と比べてほぼ半減です。

ただ、自費出版については特に影響ないんじゃないか、
というのが私のイメージです。

大手出版社から「自費出版が厳しい」という声も聞かないです。

むしろ、大手は自費出版を増やしたがってるんじゃないかな、と思います。

なぜなら自費出版は、出版社のリスクが少ないからです。
ヒット作を狙うわけではなく、受注生産みたいなものなので、
お金は著者(自費出版を依頼してきた一般人)から確実にもらえます。
そして、制作の条件内での広告掲載や配本をすればOK。
さらには、万が一、その本が話題となり、
増刷や著者インタビュー、ドラマ化・映画化などになってしまったら万々歳!
(よほどのことがないと、それはないですが可能性として)
出版社としては、確実の利益になり、宝くじに当たる可能性もある、ということです。

ヒットするかどうかは出版してみなければ分からない普通の商業出版より手堅いです。
(ただ、大きく儲けることは難しいでしょうが)

出版社が、自費出版のPRをこまめにやる理由が分かると思います。、

NO IMAGE
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。