出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです
TAG

出版社

  • 2018-10-15

商業出版のデメリット

さて、商業出版のデメリットですが、 ・お金がかかること ・時間がかかること ・自身の意向通りにならないこと(が多い) だいたい、このあたりだと思います。 では、一つずつ解説します。 ・お金がかかること お金はかかります。100万円くらいで御の字。 200万円以上かかることもあります。 ざっくりですが […]

  • 2018-10-14

ビジネス書のトレンド

最近のビジネス書のトレンドをご存知ですか? 書店に並んでいる本屋、新聞広告でよく見るビジネス書ですが、 トレンドがあります。 昔から根強い人気なのは、大手企業や新興企業経営者の経営論、仕事術等ですね。 みなさんも読んだことがあると思います。 あとは大学教授や著名マーケッター、投資家が社会情勢や景気に […]

  • 2018-10-11
  • 2018-10-11

不況でも出版数が減らない理由

前回に続き出版不況の話です。 出版不況と自費出版の関係 しかし、不況にもかかわらず、本は出版され続けています。 本の数が減っているわけではないんです。 なぜか? 非常に厳しい話なんですが、構造的にはすでに壊れかけているかもしれません・・・。 本が売れない ⇒ 売れないなら数で勝負! ⇒ とにかくいろ […]

  • 2018-10-11
  • 2018-10-11

出版不況と自費出版の関係

当社は中小企業経営者や士業・コンサルタントの方など向けに自費出版のサポートをしていますが、 「今って出版業界厳しいでしょ?」 と聞かれることがあります。 出版業界が縮小しているのは事実です。 細かい数字は長くなるので割愛しますが、 市場でいうと約20年前から1兆円ほど減り、今は1兆3000億円ほど。 […]

  • 2018-09-28
  • 2018-09-27

自身の本が置かれるには、書店と出版社の関係が大事

本屋の自分の書籍が置かれるには、書店と出版社の関係が大事、 という話をしました。 ただ、もうお分かりかと思いますが、そのスペースは自費出版で考えると、 自分たちでその枠を買うようなものです。 新聞広告やWEBに「新書」といったかたちで掲載される場合も、 それは、結局は自分で広告宣伝費を出しているのと […]

  • 2018-09-27
  • 2018-09-27

本が販売・流通したら売れる?

大手出版社が手掛ける自費出版サービスの大きな売りの一つである、 「自身の本が販売・流通しますよ」ですが、 本当に売れるのでしょうか? もちろん、自身の本が販売されるのはスゴイことですし、 本屋に並ぶのは嬉しいことです。 それは間違いないでしょう。 でも、本当に売りたいのか?売れるのか? とても怪しい […]

  • 2018-09-10
  • 2018-12-03

出版企画書ってなんだ?

「出版企画書」って聞いたことありますか? 出版企画書とは? その名の通り、どのような本を作ろうとしているのかの企画書ですね。 出版も一般の会社と同じで、 何か事業やサービスを立ち上げる際に企画書があり、プレゼンがあり、という感じです。 出版の場合は編集者が会議でプレゼンすることになります。 そして、 […]

  • 2018-09-05
  • 2019-02-05

自費出版する前に考えよう。町の本屋に自身の本が並びますよ!ってホント?

さて、トークの2つ目「本屋にご自身の本が並びますよ!」です。 1つ目はこちら ⇒売れれば印税が入りますよ!ってホント? 出版した本が書店に並ぶには理由がある! はい。これもホントです。 本屋には、出版された本がたくさん並んでいますね。 皆さんも大手から出版されたら、ご自身の書籍が本屋に並ぶでしょう。 […]

NO IMAGE