出版 Kindle 文章作成
【経営を加速させる!】中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディアは、自社のファン増強および自社商品・サービスの認知度アップ、ブランディング、社員教育ツールとしての書籍作成をサポートするメディアです
CATEGORY

文章作成

  • 2018-11-26
  • 2018-12-18

インタビュアーが心掛けたい、回答者を困らせない「答えやすい聞き方」はコレ!

なぜ質問者の問いに詰まってしまうのか みなさんは、なにかを質問されて、答えにくかったことってありませんか? 質問事態があいまいだったり、質問の意図がイマイチ分からなかったり・・・。 なぜ答えにくいかというと、答えにくい内容というよりも「相手の問いに合った答え」がイマイチ分からず、迷ってしまうからなん […]

  • 2018-11-21
  • 2018-12-18

「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」で効果的に聞き出そう

さて、一人で書くのは大変。 だったら人に聞いてもらい書いてもらえば良い、という話をしました。 では一方の聞き出すほうはどうするか? 何を聞けば良いのか? そんな話をしていきます。 具体的に聞く! 書くのに具体性が必要なのと同じく、聞く方にも具体性が必要です。 私(株式会社Mind One)は仕事柄、 […]

  • 2018-11-16

それでも書けない人はどうする?

これまで、当ページにおいて「書くこと」についてお話してきましたが、 それはあくまで「自分で書く」ことが前提です。 文章作成 | 中小企業経営者・士業・コンサルタントのための出版サポートメディア ですが、 もうそれでも無理、 文章作成がしんどい、 自分には書くことが向いていない、 書く時間もない、 と […]

  • 2018-11-14
  • 2018-11-15

個性は身につけなくても自然に出る!

オリジナリティを無理に出すのは止めた方が良い、という話の続きです。 なぜなら、無理やり出そうとしなくても、自然と出てくるものだからです。 個性は身につけなくても出る 無理やり出そうとしなくても、オリジナリティは出ます。 なぜなら、文章というのは、その人の癖・個性が必ず出るからです。 見出しの付け方や […]

  • 2018-11-13
  • 2018-11-13

そもそも何のための文章?

オリジナリティを出し過ぎない、という話につづいて、 そもそも何のための文章なのか?という話です。 素人には危険な「個性的な文章」。あなたは何を目指しているの? オリジナリティを出したい気持ちは分かりますが、素人には非常に危険です。 オススメするか、止めるかというと、私は止めます。 素人が変にオリジナ […]

  • 2018-11-07
  • 2018-11-13

文章に個性は必要?

文章の書き方講座などでは、 「オリジナルのスタイルを見つけよう」 的なことを話す人もいますが、 私からいうと、「要らない」です。 そもそも、素人がオリジナルのスタイルを身につけるのは無理な話です。 その前に「守破離」の「守」を身につけるほうがよっぽど重要です。 ちょっと考えてみていただくとわかると思 […]

  • 2018-10-26

ライターはどこに時間をかける?

みなさんは原稿を書く時、どこに時間をかけますか? 「もちろん書いているときでしょ!」 という声が聞こえてきそうですが、確かにそうですね。 書いているときは時間がかかります。 ただ、ライターはその前にかなり時間をかけます。 全体の構成をどうするか? どのような始まりでどう展開し、どう終わるか(まとめる […]

  • 2018-10-25
  • 2018-10-25

バッサリ切る!

文章が上手く書けない、という人の特徴の一つに、 「全体がダラダラ長い」 ということがあります。 一つひとつの文が長かったり、 全体も遠回しな文が並んでいて、 結局何が言いたいの? となってしまうことが少なくありません。 そんな時はどうするか? 簡単ですね。 バッサリ切ることです。 一度書いた分を見直 […]

  • 2018-10-19

体言止めを上手く使ってリズムを作り出す

サムネイル画像は「ストップ!ですが、何かをストップさせるわけでなく、 体言止めの話です(^^; 文章でリズムを作り出すには、 体言止めの文を上手く使っていくことです。 そもそも「体言」とは、名詞や代名詞のことをいいます。 つまり、「体言止め」は、名詞や代名詞で終わる文章のことです。 たとえば、 ・限 […]

NO IMAGE